採用情報

日刊木材新聞に耐火集成材燃エンウッド使用の記事が掲載

耐火集成材「燃エンウッド(株式会社竹中工務店登録商標)」が使用される、水戸市の新市民会館の建設が着手され、日刊木材新聞に掲載されました。

alt

延べ床面積2万3169.58平方メートル、地下2階、地上4階建てRC造、一部S造・木造で、

3層吹き抜けの木造大空間「やぐら組」による800平方メートルの屋内広場「やぐら広場」が設けられています。

「やぐら広場」は4階上部にはトラスが掛かり、トラス下弦材の下端で13メートルある木造大空間を耐火集成材「燃エンウッド(株式会社竹中工務店登録商標)」で実現します。

 
2020/09/26住宅ビジネスフェア/非住宅建築フェアにて講演致しました

9月24日・25日に行われた「住宅ビジネスフェア/非住宅建築フェア2020」にて、弊社、代表取締役社長 ... 


2020/08/25日刊木材新聞に耐火集成材燃エンウッド使用の記事が掲載

耐火集成材「燃エンウッド(株式会社竹中工務店登録商標)」が使用される、水戸市の新市民会館の建設が着手され... 


2020/07/28JR東日本様より感謝状を贈呈して頂きました

当社は、JR下諏訪駅のリニューアル工事に携わり、この度JR東日本様より感謝状を贈呈して頂きました。 ... 


2020/07/09SDGs達成に向けた宣言 1年間の成果報告


2020/04/17独自ブランド「信州唐松丸」が記事掲載

 当社の独自ブランド商品「信州唐松丸」が日刊木材新聞に掲載されました。  信州唐松丸は...