広報スタッフブログ

SDGs活用販路開拓モデル創出事業 成果報告会

2月12日 長野市生涯学習センターにおいて、

SDGs活用販路開拓モデル創出事業の成果報告会があり

当社含め5社の成果報告とパネルディスカッションに100名

を超える方々が来場されました。

当社が助成金を得て行ったSDGsの取り組みとして

*当社唐松集成材のブランド化に「唐松丸」の商標登録やパンフレット、

 ラベル制作

*「唐松丸」の新たな活用モデルとして、ユニットハウスの開発

  販促では、軽トラックにユニットハウスの試作を展示

*SDGsを活用した、首都圏企業とのマッチングイベントへの参加

 等を報告発表しました。

alt

alt 

また、会場の外に軽トラックに積んだユニットハウスの試作モデルを

 展示したところ、通行中の一般の方々が何人も立ち止まり、見たり触れたり

 質問されたりと注目して頂きました。

alt

alt

 

長野県林業大学校の学生さんが工場見学に来社しました

12月9日、長野県林業大学校の先生と2学年の木材利用コース、森林管理コースの

学生さんが、木材産業の現状把握と木材利用の様々な分野の学習を目的に、当社を

工場見学され、国産材、県産材利用の構造用集成材製造・加工、耐火集成材の現状

などを学習して行かれました。

 

alt

皆さん大変熱心に学習されていました

alt

 

長野県消費者大学のエシカル消費講座に講師として参加しました

10月6日、佐久平交流センターにおいて、長野県消費者大学の

長野県版エシカル消費講座が開催され講師として参加しました。

この講座について、長野県県民文化部暮らし安全・消費生活課から

長野県版エシカル消費とは「人・健康・地域・社会・県境に配慮した

思いやりのある消費」であると説明がありました。

この講座の中で、当社社長が「信州唐松活用の取り組み」と題して

講師を努め、信州唐松が市場に受け入れられる為の商品開発などの

事例紹介や、長野県産材の活用が環境に大きな役割がある事などを

説明し、木材の有効利用に理解を求めました。

この講座を通じて、長野県産材の消費拡大に繋がる事を願っています。

alt

 

明福寺 書院・庫裏他一連施設がグッドデザイン賞を受賞しました

東京都江戸川区の「ルビンニ-学園整備計画  ルビンニ-保育園/明福寺ルビンニ-学園幼稚園/明福寺 書院・庫裏」

の建築設計が2019年度のグッドデザイン賞を受賞しました。

当社はこれら施設の中で、明福寺 書院・庫裏の母屋兼天井を、当社の唐松集成材を使って施工しました。

大変高精度な集成材加工-施工が求められる物件でしたが、映えあるグッドデザイン賞物件に

携わることが出来、当社も大変喜ばしいかぎりです。

受賞企業:株式会社戸室太一建築設計(東京都) グッドデザイン賞 受賞おめでとう御座います。

2019年度グッドデザイン賞のリリースはこちらから

https://www.g-mark.org/award/describe/49535?token=Mh7ob7vd9g

https://www.g-mark.org/award/describe/49535?token=Mh7ob7vd9g&fbclid=IwAR326

 

長野県SDGs推進企業に登録しました

当社は、「長野県SDGs推進企業登録制度」に登録申請し

7月26日登録企業として登録証が交付されました。

当社は、以下のSDGs達成に向けた方針及び具体的な取り組みを宣言し、実施して参ります。

登録証:http://www.saito-mokuzai.co.jp/images/files/長野県SDGs登録証.pdf

1.SDGs達成に向けた宣言書(要件1)

http://www.saito-mokuzai.co.jp/images/files/SDGs様式2(要件1) 2019-.pdf

 

2.SDGs達成に向けた具体的取り組み(要件2)

http://www.saito-mokuzai.co.jp/images/files/SDGs様式3(要件2)2019-.pdf

 

 

 

 
<< 最初 < 1 2 3 > 最後 >>

1 / 3 ページ