夏休みの宿題は親子作業?

暑中お見舞い申し上げます:)

さすが夏という感じの気温になってますalt

近年では、四季を感じるタイミングがボヤけていて、

突然涼しくなったり暑くなったりを繰り返すうちに冬や夏本番を迎えますよねalt

でも、夏はちゃんと暑いですよねalt

皆さん、体調管理には十分注意して下さいねalt

 

いつもの前振りはこれで終わり、ここからが今回の話題alt

 

8月5日(このブログのアップ日)、

隣街の上田市内の小学生希望者をメインにした、親子みどりの体験塾というテーマで会社に見学に来られましたalt

既にこの活動では、2か月前にカラマツの植樹体験をされているとの事で、

大きくなった木がどう使われていくのかを学んで行かれました。

その時の様子がこちらalt

alt

alt

日差しが強い中、お疲れ様でしたalt

低学年の子達にはちょっと難しかったかなalt

 

それでも、自分達で工場内外の至る所で写真を撮っていて、

この写真がいずれ夏休みの宿題に反映されるかと思うと、小学生も大変だなと感じる一コマでしたalt

大抵は説明を聞いていただく事が多い感じでしたが、中には保護者の方から質問をいただき、

木材に関心を寄せていただいて・・・というより、宿題のお手伝いかなalt

そんな目線で見守らせていただきましたalt

 

小さいお子様が会社に見学に来られるというのは中々無い事なので、

我々にとっても良い体験をさせていただいたと思います。ありがとうございます。

 

この後は参加いただいた君たちの番ですねalt自由研究や日記に、頑張って反映して下さいねalt

 

今回はこんなところでネタ終了ですalt

よくよく考えると、自分が子供の頃はこんなイベントは無かったよな~と今思い出しましたalt

 

親も子も忙しい夏休みalt

頭も体もフル回転で頑張ってくださいalt