小淵沢駅

[ その他 ] 2017年 7月 25日(火曜日) 17:45

山梨県の小淵沢駅が、木材をふんだんに使って新しくなったということで見てきました

記憶に残るような駅を意識して、ということもあってかなりインパクトがあります

好き嫌いが分かれそうな内観ですが、個人的には好きです

そしてこの新小淵沢駅は、エコステのモデル駅だそうですエコステとは、省エネルギーや再生可能エネルギーといった環境保全技術を駅に導入する取組のことです

本駅は国内有数の日照時間があることを生かし、晴天日の日照時間は、駅で消費されるエネルギーの100%が、太陽光発電と太陽熱による給湯・暖房で賄われるそうです

近代的な建物なのに、古くからある木材をふんだんに使っても古臭い建物にならないのが感慨深いです

 

長野県でも多くの駅が、木をふんだんに使い改築されています

運用する環境負荷を低くするだけではなく、地元の木をたくさん使って、材料にかかる環境負荷ももっと意識されたらいいなと思います

営業I